HOME
ごあいさつ
プロフィール
私の約束
かわら版
県政報告
質問アーカイブス
県議会レポート

愛媛県議会のライブ中継です。ご覧 下さい 。


後援会申込書

はせ浩
たまき雄一郎
小林正

夫
浜野喜史
愛媛県
西条市
みかんの国から

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 気合い | main | 直球勝負 >>
直球勝負
直 球 勝 負
 
皆さまこんにちは。
毎日、相変わらずの炎暑の日々が続いておりますが、益々ご清祥のことと存じます。平素より、ひとかたならぬご厚情を賜りまして誠にありがとうございます。心より厚く感謝申し上げます。
 
さて、日本経済を復活させると宣言したアベノミクス。第二次安倍政権が発足して1年7ヶ月が経過しました。安倍首相主導による成長戦略については、様々な評価が有るものの、内閣府の世論調査等を見てみますと経済を優先しながらも、外交・防衛・教育・文化等様々な分野に手を打つ現政権への国民の評価は高く、野田政権時代との違いはあまりにもはっきりしており、防災・医療・福祉・国際化などの数値に表れているとしています。
一方、県政運営を担う中村知事の行政手腕についても、「チーム愛媛」を標榜する知事だけに県選出国会議員との連携には疑問符がつくものの、就任当初から「助走」「離陸」「上昇」「飛躍」と位置づけメリハリの効いた予算編成や、国内外に仕掛ける本県産品や技術力のトップセールス、「ノー」より「イエス」を求める職員の意識改革等々、県民の負託に十分応えていることが、本年11月施行予定の知事選挙に対する各界各層からの推薦要請で読み取ることが出来るのではないかと思います。
 
話は、残りの任期が8ヶ月余りとなった私自身の政治活動に変わりますが、所属する常任委員会が、6月県議会定例会より環境保健福祉委員会へと移りました。140万県民の安全・安心の確保に直接関わる防災・減災対策や環境と調和した暮らしづくり、自然と共生する社会の実現と言った県民環境分野や、支え合う福祉社会の構築や医療体制の充実などの保健福祉分野における政策課題に向き合うことになりました。また、我が国は、超少子高齢や人口減少と言った大きな波が、世界に類を見ないスピードで確実に押し寄せて来ています。そのような中、我が愛媛が生き残って行くために、県政各般にわたる皆さまの声をしっかりと受け止め、政策提言に拘った政治活動にも尽力して参ります。更には、東京都議会における女性議員へのヤジ問題や兵庫県議会一部の議員における政務活動費の使途不明など、国民の視線は、地方議会のあり方や議員の資質に向けられています。引き続き、議会人として襟を正すことは基より、議会改革に「魂」を注入するとともに、分権改革の担い手となる地方が、現状に決して満足することなく「日々新たに」の心で、地方議会をしっかり動かして参りたいと思っております。
 
これが私の挑戦する姿です。引き続きのご指導ご鞭撻、叱咤激励を賜りますようお願い申し上げますとともに、暑さ厳しい折からいっそうご自愛下さいますようお祈り申し上げご挨拶と致します。

 
「いいね!」があふれる えひめ・西条づくり
                                                        
平成26年 盛夏  
愛媛県議会議員  玉 井 敏 久

 
| ごあいさつ | 19:09 | - | - |