HOME
ごあいさつ
プロフィール
私の約束
かわら版
県政報告
質問アーカイブス
県議会レポート

愛媛県議会のライブ中継です。ご覧 下さい 。


後援会申込書

はせ浩
たまき雄一郎
小林正

夫
浜野喜史
愛媛県
西条市
みかんの国から

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 質問ライブラリー | main | 質問ライブラリー >>
直球勝負2015夏
残暑お見舞い申し上げます。皆さま健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。平素は、ひとかたならぬご厚情を賜りまして誠にありがとうございます。また、先の県議選では、絶大なるご支援を賜り、三度当選を果たすことが出来ました。改めてそのご支援に感謝申し上げます。皆さまから頂戴した「心と声」をしっかり受け止め、「いいね!」があふれる愛媛・西条(まち)づくりに邁進して参ります。引き続きご指導ご鞭撻、叱咤激励を賜りますようお願い申し上げます。
 
さて、安全保障関連法案の衆議院通過を機に安倍政権の支持率が急落しています。また、支持政党の数値を見ても自民党が下降する一方で、社民党或いは共産党のポイントが上昇する傾向にあります。支持率に一喜一憂するものでは有りませんが、今後、原発再稼働、米軍の沖縄基地移設、TPP交渉など国論を二分する課題が待ち受けております。国民全てが納得して物事が決まることはあり得ません。国民の代表である国会議員が、中身のある議論を重ね、国民の理解が広がり深まるよう、より丁寧な説明を重ね、次代の有るべき日本国の姿に拘り、決して先送りする事のない「決める政治」を願うものであります。
 
私の好きな言葉「事を敬して信あり」。何事によらず、人は自分の仕事を敬わなければいけない。敬に徹して事をやれば、人は自然とあなたを信用する。その信を得るように努める。信用を得るも得ないも、根本は、自分自らの日頃の行いに有ると言われるのです。「足は現場に 胸には四国を 眼は日本へ」高い志を持って、皆さまから頂いた「心と声」を政策に反映させて行くことが私の使命であり、政治姿勢だとこれからも肝に銘じて実践して参ります。どうかご期待下さい。
 
最後になりますが、またまだ暑い日が続きます。何卒ご自愛のほどお祈り申し上げましてご挨拶とします。
                     
平成27年盛夏
                                      愛媛県議会議員 玉 井 敏 久
| ごあいさつ | 16:02 | - | - |